ソリューション

BCP防災応用

太陽光+蓄電池システム停電時に双方向PCSによってマイクログリッドを構築し、太陽光発電システムを正常に発電ができ、蓄電池と一緒に負荷に電力を供給する。

自家消費応用

太陽光+蓄電池システムは通常自家消費に使用され、停電時に双方向PCSによってマイクログリッドを構築し、太陽光発電システムを正常に発電ができ、蓄電池と一緒に負荷に電力を供給する。

ピークカット&ピークシフト応用

変圧器の容量が不足、或いは電力会社と契約した最大使用容量が不足の場合、蓄電池によって、ユーザーの高出力電力の需要を満たすことができる。
負荷の急激な増加または減少は、蓄電システムの放電または充電によって相殺し、グリッドの負荷変動を減らす。
負荷の出力が変圧器の容量または契約した最大使用容量よりも大きい場合、変圧器の過負荷の回避或いは契約した最大使用容量を超えないため、蓄電システムから放電して補足する。

発電側応用

新エネルギー発電所の短周期出力変化率制御と長周期出力変動方向制御。
PVまたは風力の短周期出力が急速に増大または減少する場合、蓄電システムは需要に応じて充電または放電を行ってバッファリングし、出力の変化率を低減させる。
なお、長周期変動方向に対する要求がある場合、PVまたは風力出力の過剰或いは不足を充電か放電によって吸収または補充で要求を満たす。

VPP応用

蓄電システムは配電網と連系し、VPPとEDCの指令に従って、充電または放電を行う。

DR応用

蓄電システムは需要側(ユーザー側)と連系し、DRの指令に従って、充電または放電を行う。

過積載応用

昼間売電


太陽光が十分ある時、太陽光の発電電力はPCSを通じてグリッドに売電する。余剰電力がある場合、蓄電池に充電する。SOCが設定値に達すると、EMSはDC/DCの最大出力をPCSの定格出力に制限し、充電を停止する。

夜間売電


夜間や日照が不十分な場合、蓄電池はPCSを通じてグリッドに売電する。SOCが設定値に達すると、PCSが停止し、放電が停止する。